建ぺい率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

建ぺい率とは、建築物の建築面積の敷地面積に対する割合のことです。建ぺい率は、地域内に一定の空地を確保して防火・安全・衛生上などの環境を維持することを目的として定められており、用途地域ごとに最低30%~最高80%の間で定められています。建ぺい率が低いほど隣の敷地との空間がある、ということになります。

建築面積は、建物を真上から見たときの建物の壁(または柱)の中心線で囲まれた部分の面積で表されます。1階と2階の建築面積が異なる場合は、大きい方の面積を建築面積とみなします。ひさしや軒などがその中心線から1メートル以上突き出ている場合は、その先端から1メートルを引いた残りの部分を建築面積に算入します。

敷地が特定行政庁の指定する角地にある場合や、防火地域内に耐火建築物を建築する場合などは、規制が10%緩和されます。また、建ぺい率の上限が80%とされている地域内かつ防火地域内の耐火建築物や、巡査派出所や公衆便所などについては建ぺい率の制限はかかりません。

建ぺい率の制限の異なる2つ以上の地域に敷地がわたる場合は、敷地全体に占める割合に応じて按分計算をします。
例:100平米の土地のうち、40平米分が建ぺい率60%の敷地、60平米分が建ぺい率80%の場合
全体の建ぺい率の制限は(60%×40平米+80%×60平米)/100平米=72%となります。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.