貸付型案件は全案件不動産担保付

不動産のプロ厳選の案件に投資が可能
クラウドファンディング「OwnersBook

クラウドファンディング「OwnersBook」
年利回り3.0~5.0%
1万円から投資可能
上場企業が運営

運営会社:ロードスターキャピタル株式会社(東証マザーズ上場)

クラウドファンディング「OwnersBook」

運営会社:ロードスターキャピタル株式会社(東証マザーズ上場)

東証マザーズ上場企業が
運営しています

設立

2012年3月

上場

2017年9月

資本金(資本準備金含む)

27億94百万円※2021年3月25日現在

売上高
(連結)

169億79百万円※2020年12月期

貸付型
クラウドファンディングとは

貸付型クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは主にインターネットを通じて不特定多数の一般個人または法人から資金を集める手段を指します。その中でも別名「ソーシャルレンディング」と呼ばれる貸付型のサービスは、集めた資金を資金ニーズのある個人や企業に融資し、その金銭的な対価として元本と利子(または、それに相当するもの)を受け取り投資家に還元します。

エクイティ型
クラウドファンディングとは

エクイティ型クラウドファンディングは、不動産を購入する際の自己資金(エクイティ)に当たる部分を、クラウドファンディングで募るサービスです。対象不動産が生み出す賃料収入および売却益が、投資家の皆様への配当原資となり、運用物件売却時に利益もしくは損失が生じた場合には、売却益もしくは売却損を出資持分に応じて受ける等の特徴があります。

こんな方々に投資いただいています

利回りが良い投資案件を探している

ソーシャルレンディング OwnersBook
不動産のプロが厳選した案件に投資してみませんか?
OwnersBookの貸付型案件は全案件不動産担保付きです。

予定年利回り
3.0%~5.0%

※予定年利回りは年換算した内部収益率です。

貸付型クラウドファンディングの
メリット・デメリット

メリット

  • 高い利回り
  • 定期預金や個人向け国債等と比較すると高い利回りになることが多く、株式投資のように利回りが不確定になりづらい。
  • 1万円からの少額投資が可能
  • 少額投資が可能であるため、手軽に投資できて分散投資しやすい。
  • 運用の手間がない
  • 投資実行後、運用期間中はほとんど手間がかからない。

デメリット

  • 解約ができない
  • 一度投資を実行すると、運用期間が終了するまで現金に換えることはできない。
  • 元本保証がない
  • 貸付先が債務不履行(デフォルト)となった場合等は元本が毀損する可能性がある。
  • 一部案件では情報開示が限定的
  • 一部の案件では、投資家に対して貸付先・担保不動産の情報開示が限定的であり、投資の判断材料が少ない。

リスク低減には貸付の担保と
貸付先を選定する運営会社の見極めが重要

OwnersBookはリスク低減の
取り組みを徹底しています

その1
担保となる物件は
不動産のプロが厳選しています

運営会社のロードスターキャピタル株式会社は、2012年4月に総合不動産会社として開業いたしました。
不動産投資・不動産運営・アセットマネジメント等に関する豊富な知識・経験等を活かし、投資家のみなさまに厳選した投資案件をご提供しています。

不動産・投資に関する免許・登録を複数受けています

投資運用業
第二種金融商品取引業
投資助言・代理業
宅地建物取引業
総合不動産投資顧問業

不動産のプロが運営しています

岩野 達志
岩野 達志
代表取締役社長

東京大学農学部卒。一般財団法人日本不動産研究所にてキャリアをスタートし、不動産鑑定業務に従事。
2000年よりゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパンにて自己投資・運用ファンドの不動産取得部門、2002年以降はアセットマネジメント部門。2004年からロックポイントマネジメントジャパンLLC ディレクターとしてエクイティ500億円以上、案件総額3,000億円以上を実行、ロックポイントグループの日本における不動産投資業務をリード。
不動産鑑定士、宅地建物取引士。
貝塚 浩康
貝塚 浩康
取締役

米国ワシントン州立大学大学院(経営修士課程)卒。カナダロイヤル銀行にてキャリアをスタート。
1993年にリチャード・エリス株式会社(現CBRE株式会社)に入社し、米国企業のコーポレートリアルエステート戦略全般を担当。
1999年3月にゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン入社。不動産およびホテルのアセット・マネジメント部門の設立に従事し、2002年に部門責任者、2012年にマネージング・ディレクターに就任。国内の幅広い不動産投資運用経験に加え、上海・北京・シンガポールのオフィス、住居物件での運用経験も有する。合計1,200物件、1.8兆円以上の国内外投資用不動産案件に携わる。
2013年よりゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント。不動産運用部長に就任し、私募リート及び不動産ファンド等、数多くの国内コア不動産への投資や運用をマネジメント。
宅地建物取引士。
久保 直之
久保 直之
取締役

東京大学農学部卒。農林中央金庫にてキャリアをスタート。
情報系システムの企画・開発に従事。1999年より一般財団法人日本不動産研究所にて不動産鑑定業務に従事。2010年より2年間米国に留学し、ビジネススクールにおいて不動産を専攻し、米国における不動産開発等を学ぶ。また在学中に英米両国の不動産鑑定士資格を取得。帰国後は海外不動産の評価・コンサルティング業務に従事。2014年2月にロードスターキャピタル株式会社に入社。以来OwnersBookの運営に携わる。
不動産鑑定士、MAI、CCIM、MBA(UNC Kenan-Flagler Business School)、宅地建物取引士、不動産証券化協会認定マスター。

代表ご挨拶

代表取締役社長 岩野達志

不動産の世界、とくにオフィスや商業施設などの事業用の分野では、多くの場合に大手不動産会社・デベロッパーなどが情報を独占するという時代が長く続いてきました。不動産の価値も、テナントの質やビルのグレード、家賃の水準などに対する彼らの経験値による判断に委ねられてきたのが実情です。

もし、一般の方にもプロの知見が伝わる仕組みができるとどうなるでしょうか?私たちは、「OwnersBook」で案件をご提供し、それに付随する情報公開を行っています。これらは地道な作業の積み重ねで一足飛びにはいきませんが、この地道な取り組みを継続し、不動産市場に関わる方を多く巻き込んでいくことによって不動産市場の透明性は高まり、不動産市場、投資家の皆様、そして当社にとってWin-Win-Winの市場を構築できると考えています。

私たちはクラウドファンディングの可能性は限りなく大きいと考えています。「OwnersBook」は不動産投資に限定したプラットフォームですが、日本で、決して遠くない将来、都市開発のような巨大プロジェクトまでもがクラウドファンディングによって実行される日が来ると信じています。私たちロードスターキャピタルは、そうした新しい資産運用の世界を、個人投資家の皆様とともに創っていきたいと考えています。

ロードスターキャピタル株式会社
代表取締役社長 岩野 達志

自社投資案件の実績例

自社投資案件と同じ評価体制でクラウドファンディングの案件を選定しております。
※以下の実績はクラウドファンディングの投資案件実績ではありませんのでご注意ください。

カンダエイトビル
  • 住所: 東京都千代田区外神田四丁目6番7号
  • 取得年月: 2017年12月
  • 土地: 539.80㎡
  • 建物: 4,111.48㎡
  • 1994年に三井建設株式会社が施工
  • 秋葉原に所在する、地下2階付地上9階建の事務所・店舗・駐車場等の複合ビル
  • 2019年 大規模リニューアル実施済
CORNES HOUSE
  • 住所: 東京都港区芝三丁目5番1号
  • 取得年月: 2016年4月
  • 土地: 808.00㎡
  • 建物: 4,173.33㎡
  • 2001年に竹中工務店が施工
  • 芝に所在する、地下1階付7階建の店舗・事務所・駐車場等の複合ビル

流動性が高い東京エリアの不動産を中心に、
不動産のプロが厳選しています。

その2
創業以来黒字経営の
上場企業が運営してます

運営会社のロードスターキャピタル株式会社は、2012年の創業以来、増収増益を続けている黒字企業です。
2017年9月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しております。

連結業績

財務情報グラフ
2016年12月期 2017年12月期 2018年12月期 2019年12月期 2020年12月期
売上高 4,659 8,794 9,670 15,116 16,979
営業利益 750 1,364 2,392 3,653 4,484
純資産 2,180 4,557 5,880 7,821 7,721
総資産 14,286 21,979 33,028 44,337 51,156

(単位:百万円)

知識と経験を活かし、
厳選した案件をご提供しています。

資本金は20億円超(資本準備金含む)。
上場企業が運営しています。

社名 ロードスターキャピタル株式会社(英文名:Loadstar Capital K.K.)
本社所在地 東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F
会社の設立日 2012年3月14日
代表者 代表取締役社長 岩野 達志
免許・登録 投資運用業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2660号
宅地建物取引業 東京都知事(2)第94272号
総合不動産投資顧問業 国土交通大臣 総合 - 第147号
加入団体 一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
一般社団法人 Fintech協会
一般社団法人 日本STO協会
一般社団法人 不動産証券化協会
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
主たる業務 不動産にかかる仲介・コンサルティング事業、アセットマネジメント事業、クラウドファンディング事業、コーポレートファンディング事業

(2021年3月1日現在)

ソーシャルレンディング OwnersBook
不動産のプロが厳選した案件に投資してみませんか?
OwnersBookの貸付型案件は全案件不動産担保付きです。

予定年利回り
3.0%~5.0%

※予定年利回りは年換算した内部収益率です。

不動産のプロが厳選した
最新の投資案件

累積投資実行額
21,444,050,000円

※2021年4月13日時点の投資実行済案件総額

ソーシャルレンディング OwnersBook
不動産のプロが厳選した案件に投資してみませんか?
OwnersBookの貸付型案件は全案件不動産担保付きです。

予定年利回り
3.0%~5.0%

※予定年利回りは年換算した内部収益率です。

投資家情報

年代の分布

年代の分布

※2020年5月27日時点

累積投資額の分布

累積投資額の分布

※2020年5月27日時点

お客様の声

ソーシャルレンディングを始めるきっかけとなったサービスでした。始めは不安でしたが、運用を続けていくうちに、景気にあまり左右されず、比較的安定した投資ができると分かり、始めてみて良かったと思いました。

[30代 会社員]

出金の際の手数料を無料にしてほしい。出金に手数料がかかるため、比較的大きな金額から運用しないと、出金しづらく感じるため、投資を躊躇してしまいます。

[50代 会社員]

案件について詳細まで説明されているので、(結果的に投資しなかったとしても) 考えるきっかけをもらえており、勉強にもなっている。 投資自体の結果以外はそこを好意的に感じています。

[30代 会社員]

利回りがよい案件が募集されると競争率が高くなりサイトが重くなって結局投資できず寝かせておくだけのお金になることがある。抽選専用の案件ができたのは良い!投資家ユーザを増やすのも大口投資を増やすのもバランスが大事かと思う。

[30代 経営者・役員]

1案件の貸付期間が長めなので、ある程度放置できるところが良いと思う。
他の事業者で見かける6か月前後の案件は、多少利回りが良くても資金が遊んでしまう期間が増えるので。

[40代 会社員]

もう少し投資資金を増やしたいと考えているが案件数が少ない為、なかなか思うように増やせない。案件あたりの資金を増やすという案もあるがやはりそこはリスクヘッジとして難しい。案件数は増やして欲しいが闇雲に増やすのではなく質の高さを維持したまま案件数を増やして欲しい。

[30代 会社員]

不正や詐欺のようなことがなく、ファンドが正常に運用されていると思われる。上場企業の信頼感があり、会社として真摯な姿勢が見える。

[40代 専業投資家]

先着順ですと、投資したくてもアクセスが集中して繋がらないまま満額達成してしまい投資が出来なかった等の場合があります。
投資時間も人それぞれだと思いますので、案件の出た初日は限度額や時間である程度区切る等して頂ければ、より投資の出来る方が増えるかとも思います。

[30代 専業主婦(主夫)]

投資したすべてのファンドが無事に配当と元本が戻って来たことが良かったです。
埼玉に住んでいて、実際に都内のファンドの場所に行く楽しさも良かったです。

[40代 パート・アルバイト]

※上記は2021年3月に実施したOwnersBook投資家アンケートの一部を抜粋した内容です。個人の感想であり、将来の成果等を示唆又は保証するものではありません。

ソーシャルレンディング OwnersBook
不動産のプロが厳選した案件に投資してみませんか?
OwnersBookの貸付型案件は全案件不動産担保付きです。

予定年利回り
3.0%~5.0%

※予定年利回りは年換算した内部収益率です。

貸付型案件のよくある質問

投資家登録のための資格はありますか?

⇒投資家登録の資格は以下の通りです。
▼個人の場合
1.申請段階で20歳以上75歳未満の方
2.『OwnersBook』の審査を通過した方(具体的な審査内容についてはお答えいたしかねます。)
※75才以上の方は個別に対応しておりますので、こちらからご連絡、お問合せください。
▼法人の場合
個別に対応しておりますので、こちらからお問合せいただくか、以下のメールアドレスからお問合せください。
E-mail: info@ownersbook.jp

担保物件の住所や賃貸借条件など、個別の物件に関わる情報を確認することができない案件があるのはなぜでしょうか?

匿名組合出資で資金を募り、貸金業法に基づき貸付を行うOwnersBookの貸付型案件においては、従前、担保不動産のみならず借入人(債務者)に関わる情報を非開示とするよう行政から指導を受けており、OwnersBookにおいても非開示とする対応をしておりました。一定の方策を講じた場合には借入人(債務者)および担保不動産に関わる情報を開示できる旨の見解が、2019年3月18日に行政から、同年5月23日に自主規制団体からそれぞれ示されたため、OwnersBookでも当該方策を講じた案件については、借入人(債務者)および担保不動産に関わる情報を開示しております。

予定運用期間とはどのような意味ですか?

予定運用期間は、投資家の皆様から預かった資金を債務者に貸し付ける期間になります。債務者の都合により早期に返済されたり、また逆に返済が遅れる可能性も否定できないために、「予定」された運用期間ということで記載しております。運用が終了しますと、最終計算がなされ、一定の期間の後にご投資元本が償還されます。なお、元本は保証されているわけではなく、欠損が生じるおそれがあります。

出資金以外に必要な手数料はありますか?

現在OwnersBookでは、お客様がOwnersBookへ振り込まれる際とOwnersBookからお客様の口座へ払戻される際の手数料300円+消費税のみご負担いただいております。詳しくはこちらをご覧ください。

応募した案件が予定募集総額に到達しました。その後の流れを教えてください。

募集総額が予定総額に到達した場合、当初予定されていた期日を目途に投資実行となります。投資家の皆様には、案件が成立した旨通知いたします。案件への応募時にすでに投資家の皆様からお預かりしている投資資金は、投資実行によって初めて個別の案件へ資金が移動することになります。その後は予定された計画に従って、元本および配当等の支払いを皆様の投資口座宛に行っていきます。

いつ配当があるのですか?

四半期毎及び償還時の配当を予定しております。償還時期は投資案件により異なりますので、詳しくは各案件の概要ページをご確認ください。

ソーシャルレンディング OwnersBook
不動産のプロが厳選した案件に投資してみませんか?
OwnersBookの貸付型案件は全案件不動産担保付きです。

予定年利回り
3.0%~5.0%

※予定年利回りは年換算した内部収益率です。

手数料等およびリスクについて

ご出資いただく際の販売手数料は頂いておりません。
なお、事業型ファンド持分案件につきましては、借入人より融資手数料相当額(貸付金額の3.0%を上限とする。)を受領いたします。電子申込型電子募集取扱業務に基づくファンド持分案件につきましては案件ごとに手数料体系が異なりますので、契約締結前書面等をご覧ください。
また、それぞれにおいて間接的に負担いただく費用が発生する場合があります。

元本は保証されているわけではなく、欠損が生じるおそれがあります。
案件ごとに、手数料等およびリスクの内容や性質が異なります。詳しくは、契約締結前交付書面等をよくお読みください。