会員登録
OwnersBookに参加するには、会員登録が必要です。こちらのボタンから会員登録を行って下さい。

レバレッジとは何ですか?

レバレッジ(leverage)は「てこ」を意味し、レバレッジを効かせるとは、ローン金利が運用利回りよりも低い場合に、ローンを厚くすることにより少ない自己資金でハイリターンを狙う手法のことを言います。
不動産投資の場合には、投資対象不動産の購入資金などの調達に当たり、出資(エクイティ)だけでなく借入れ(デット)をおこすことで、出資のみの場合に比べて出資者がより高い利益率を実現することができるようにするケースが多くみられます。また、元手を分けて複数の物件に投資することもできるので、分散投資という観点からリスク軽減をできるという効果も得られます。
レバレッジをかけると、不動産からの収益がプラスの時には利回りは上昇しますが、不動産収益がマイナスに触れると利回りも一気に悪くなり、元本割れしてしまう可能性も高くなります。すなわちレバレッジを効かせるとは不動産の投資を実体よりもハイリスク・ハイリターンにさせることを意味します。

詳しくは、レバレッジの効果の記事も参考にしてください。

よくある質問TOPに戻る