不動産投資顧問業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資顧問業とは、不動産投資を検討している顧客に対し、不動産投資について委託を受け、専門的な見地から投資の助言・調査・報告、投資の判断、取引の代理などを行う業務を指します。

その業務は大きく以下の2つに分けられます。

  1. 不動産投資の判断に対する助言等の業務(投資助言)
  2. 投資判断とともにそれにもとづく取引を委任される業務(投資一任)

不動産投資顧問業者は国土交通省の不動産投資顧問業登録制度の登録簿に登録することができますが、その種類には、上記(1)の業務のみを行う「一般不動産投資顧問業」と、上記(1)と(2)の業務を行う「総合不動産投資顧問業」とがあります。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

ロードスターファンディング株式会社では、クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。主要金利帯は年率4.0%から、融資額最大10億円程度、元本一括返済が可能、連帯保証は原則不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

不動産のプロが運営するクラウドファンディング

OwnersBookは2014年に誕生した国内初の不動産特化型クラウドファンディングです。不動産のプロが厳選した案件に一万円から投資が可能です。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.