投資を行なわないことのリスク ~投資の基本概念の整理・検討 (2)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資を行なわないことのリスク

投資はリスクを伴い、結果として利益または損失が発生します。しかし、投資を行わなければ利益を得る機会もありません。「投資を行わないリスク」とは、そのような得られたかもしれない利益を逸してしまうリスク、すなわち、「機会損失」と考えることができます。

長期株価の推移

投資とは、資本を投下し時間を味方につけ資産を増やしてゆくことと定義しました。一方、人間の生きている時間には限りがありますので、機会損失を真剣に考える必要があると思います。

損失リスクを過度に恐れ、投資実行に至らず、好機を逸してしまったと後悔することがあります。こうなってしまったことの根本的な原因は、機会損失がきちんと検討されていないことも、要因として考えられます。

もちろん、投資をしたい商品のマーケットが高騰している場合もあります。そのような際には焦らず、別の商品を投資対象として検討してみる機転も必要になります。(例えば、株式市場が高騰していると感じる際には、債券(国債など)への投資を検討するタイミングかもしれません。)
投資の検討を行う際に、投資を行わないことのリスクも考え、さまざまな角度から投資について興味を持って考えることは前向きなことです。一方、何の投資も検討しないまま時間が経過してしまえば、いずれ時間を味方に付けづらくなります。そうなってくると、リスクの許容に対する姿勢や考え方の差が生まれ、また、実践経験にも差が現れてくると考えられます。

次回は投資とギャンブルの違いを検討してみたいと思います。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.