ヘッジファンド(Hedge Fund)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヘッジファンド(Hedge Fund)とは、一般に、景気の良し悪しに関わらず利益を追求するファンドに分類されるファンドで、投資家は自ら運用するのではなく投資の専門家に委託するという点では投資信託と似ているともいえますが、募集のかけ方、必要資金、運用姿勢、手数料、運用の自由度の高さなどにおいて投資信託とは違いがあります。

一般的にヘッジファンドは私募制であり、運用を委託するためには数百万円~数十億円という多額の資金が必要となります。そのため、富裕層や機関投資家の利用が多いです。

これも一般的に運用姿勢は「絶対収益」であり、株式・債券・通貨・原油などあらゆる市場において、現物・先物・デリバティブ・空売り・オプション取引などの投機的な金融手法を駆使してリスクヘッジをしながら常にプラスの収益を狙いに行くのが特徴といわれています。

また手数料は成功報酬による部分もあり、運用実績によってゼロ~数十パーセントまで異なります。

ヘッジファンドは投資家から集めた資金にさらに大きなレバレッジをかけることもあります。

ヘッジファンドの投資対象には不動産も含まれるケースもあり、日本の不動産にも投資をしているものもあります。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.