レバレッジ(Leverage)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

レバレッジ(leverage)は「てこ」を意味し、レバレッジを効かせるとは、ローン金利が運用利回りよりも低い場合に、ローンを厚くすることにより少ない自己資金でハイリターンを狙う手法のことを言います。

不動産投資の場合には、投資対象不動産の購入資金などの調達に当たり、出資(エクイティ)だけでなく借入れ(デット)をおこすことで、出資のみの場合に比べて出資者がより高い利益率を実現することができるようにするケースが多くみられます。

また、元手を分けて複数の物件に投資することもできるので、分散投資という観点からリスク軽減をできるという効果も得られます。

レバレッジをかけると、不動産からの収益がプラスの時には利回りは上昇しますが、不動産収益がマイナスに触れると利回りも一気に悪くなり、元本割れしてしまう可能性も高くなります。すなわちレバレッジを効かせるとは不動産の投資を実体よりもハイリスク・ハイリターンにさせることを意味します。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.