取引事例比較法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

取引事例比較法とは、不動産価格を求めるための不動産鑑定評価手法の一つで、対象不動産と条件が近い適切な不動産の取引事例をベースとして、対象不動産の価格を求める手法を指します。

この手法では、多数の取引事例を収集して適切な事例を選び、取引の特殊事情や時点などを考慮して修正を行い、取引事例の個別的要因を補正し、さらに地域間の格差などの地域要因を比較考量して価格を求めます。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.