へそくりの使い道 ~投資の初心者 OwnersBook1年生(2)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

◯ 大事なへそくりの使い道

当たり前のことですが、持っているへそくりは少しでも増やしたい!と思うもの。
それが趣味や旅行のため、もしくは老後の資金・子どもの教育資金のためと、理由は人それぞれかと思います。

中にはボケ防止のために株式投資をしている!という人もいるようです。毎朝、新聞を読んで株価の動きや世の中の市場に、常に目を向けることを日課としている人もいるようです。世の中の動きを知っておくことは、投資をする人にはとっても大事なことなのですね。

銀行に預けていても低金利と言われていて、なかなか預けているお金も増えないのなら、まずは自分に投資、すなわち知識を蓄えること(投資の勉強)からはじめてみるのがいいかも知れません。例えばここ最近、円安になったといったニュースでよく耳にします。株に投資をしている訳でも外貨預金をしている訳でもないからあまりピンときませんでしたが、私たちの生活にもしっかり影響がありました。

 

円安・円高 図

 

大きな意味では輸出(日本→外国)する企業にはメリットがあるようですが、私たちの身近な生活を考えると、輸入品(たとえば外国から買っている大豆や小麦を使った商品や海外から入ってくるワインなど)が高くなるので、これから身の回りの商品が高くなり家計にも影響がでてくるかもというデメリットも見えてきます。

自分たちの生活にどう直結するかという点から知識を蓄えていくのもいいかも知れません。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.