「通知カード」が廃止となりましたが、マイナンバー申請に利用できますか?

「通知カード」が廃止となりましたが、マイナンバー申請に利用できますか?

2020年5月25日以降、法律の一部改正により、「通知カード」の再交付や氏名・住所等の記載事項変更の手続きが行えなくなりました。
「通知カード」に記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続き「通知カード」をマイナンバー確認書類として利用できます。

投資家の方で、マイナンバー未登録の方はこちらから登録ください。

※通知カードでのマイナンバー申請には、有効期限内の顔写真付き本人確認書類が必要となります。投資家申請時に提出済みの本人確認書類を確認の上、追ってご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

 

<「通知カード」記載情報が住民票と一致しない場合>

お持ちの「通知カード」はマイナンバー確認書類としてご利用いただけません。「マイナンバーカード」または「マイナンバー記載のある住民票」をご用意ください。
なお、OwnersBookにご登録の氏名、住所に変更がある場合、ご登録情報の更新をお願いいたします。