FinTechとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IT・ネット社会の大きな変化により私たちの生活も大きく変わりつつあります。そのような中でITやネットの情報技術を駆使した金融サービスを提供するFinTech(フィンテック)が注目を集めています。

そもそもFinTech(フィンテック)とは造語で、Finance(ファイナンス/金融)+Technology(テクノロジー/技術)= FinTech(フィンテック)、簡単にいうと金融とITを掛け合わせた新しいサービスやビジネスのことをいうようです。

金融とIT分野を駆使したサービスの先駆けとして身近なものといえば「インターネットバンキング」「テレフォンバンキング」や「電子マネー」などがあげられますが、Fintech(フィンテック)は、特にここ最近のスマートフォンの普及、クラウドといった最新のITの活用などにより、従来の金融機関が提供するようなサービスとは別に、利用者の視点から生まれてきたサービスをベンチャー企業が提供することで年々注目を浴びているようです。

特に最近ではこの分野の新規事業にチャレンジする企業などを総称してFinTech(フィンテック)と呼び、こうした企業が、暮らしに身近な決済や送金、資産運用・資産管理などのパーソナルファイナンス、お金の貸し借りのプラットフォームであるソーシャルレンディング、企業向けの会計サービスなどを行っています。

具体的には、「指紋を登録して支払いが出来る」「手数料が格安な海外送金」「複数のクレジットカードを1枚にまとめる」「ネット上で個人のお金の貸し借りを仲介」「銀行口座などと連携してスマートフォンで家計管理」などのサービスがあげられます。

アメリカやイギリスなどでは急成長を遂げるなか、最近では日本においても沢山の企業が参入し、盛り上がりをみせてきているようです。

FinTech(フィンテック)が金融機関などの機能の一部を代替する存在になってきている今、一般のユーザーがもっと身近にますます便利に使えるITを駆使した新しい金融サービスの時代がやってきているといえそうです。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.