不動産投資エリアの考察

東京案内時に東京の人口の多さを簡単に伝えられる二つの場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2020年のオリンピック招致にも成功し、世界的な注目度も急上昇中の東京。日本の首都であり、多くの産業の中心地である東京は、「不動産投資をしよう。」と思い立った日本在住者のみならず、「日本に不動産を購入しよう。」という海外投資家からも熱い視線を注がれています。また、東アジア地域における、観光都市の一つとして、今後ますます海外からの訪問者が増えてくることも予想されます。

そのような状況下で、東京への訪問者を案内するという機会も、もしかしたら出てくるかもしれません。東京観光というと、浅草、東京スカイツリー、秋葉原、原宿などの地域、ランドマークが有名ですが、初めて東京に来る人が驚き感心をすることの一つが、人の多さであることは、疑いがないと思います。今回は東京観光の途中で使える、ちょっとした人数に関するトリビアを紹介します。

※これらはそのまま、不動産投資を行う人間として、知識をちょっとアピールできるものでもあります。

 

渋谷スクランブル交差点:一回の青信号で3,000人が渡る

渋谷
海外からの東京への観光客が最も多く訪れる場所が渋谷です(観光庁調べ。)。渋谷はSHIBUYA109をはじめとした若者・ファッションの街という印象が強いですが、まず観光客をびっくりさせるのがスクランブル交差点の人の多さのようです。実際、人の多い時間帯には、スクランブル交差点を渡らず、JR渋谷駅の方から写真を撮っている観光客の方をよく目にするようになりました。そんな混雑時、一回の青信号で渡る人の数は約3,000人!(Shibuya Center-GaiのHPによる。)これは一つの村の人口といってもいいくらいで、それが、わずか数十秒の青信号の間にあらゆる方向に渡ってゆく様は爽快ですらあります。
サッカー日本代表がブラジルワールドカップ出場を決めた際には、サポーターでごった返し、有名なDJポリスが出動する事態になったことは記憶に新しいですが、今後、日本のみならず、世界からもさらに動向が注目されていくことでしょう。

 

新宿駅:一日平均乗降客数は約326万人で世界一

新宿
スクランブル交差点と並んで、人の多さで圧倒的な数字を示しているのが新宿駅です。一日あたりの平均乗降客数は約326万人(エンタテイメントビジネス総研「乗降客数総覧」)。新宿駅の人の多さはギネス世界記録にも認定されたこともあり、この人数は、サンディエゴ、釜山、ミラノ、ローマといった都市圏の人口に匹敵する数字です。行き交う人の邪魔にならないよう、入場券を購入し混雑時の新宿駅を覗いてみるのも、観光体験としては有意義かもしれません。「うわさに聞いていた東京の通勤電車」の様子に感嘆されるかもしれません。
東京に住んでいるとなかなか気づかないことではありますが、電車・地下鉄網がここまで発達している都市圏というのは世界でもなかなか類を見ないものです。そんな、電車・地下鉄での移動が中心の東京の中でも、特に新宿駅に人が集まる理由としては、中央線、山手線、丸の内線、京王線、小田急線といった主要な路線が交わっていること、新宿近辺で働く人が多いこと、新宿近辺で買い物をする人が多いことなどがあげられます。

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.