テクノロジーが不動産業界の民主化を進める?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1案件に100人以上が投資

渋谷区新築マンション第1号ファンドOwnersBookでは、これまで全ての案件につき満額で募集が成立してきました。その中でも2016年5月中旬に募集をした≪渋谷区新築マンション第1号ファンド第1回≫は大変ご好評いただき、118名もの投資家の皆様にご投資いただきました。

OwnersBookで 1案件100名を超える方が投資をされたのはこの案件が初。案件の募集総額は4,050万円でしたので、1人当たりの平均投資額を出すならば34万円程という計算になります。けれども実際のところは、118名の中には数万円の少額投資家もいれば、多額の金額を投資された方もいたようです。

 

運営の裏側

それでは、投資金額の大小で何かが変わるのでしょうか?また、少額だと肩身が狭い、といったようなことはあるのでしょうか?
OwnersBookサポート電話宛には「本当に1万円からの投資が可能なのでしょうか?」といったご質問や、「少額だと申し訳ない気がしますが…」というご心配に近いお問い合わせをいただいたことがありますが、ご心配には及びません。OwnersBookのシステムは、投資金額の大小に関わらず全く同じ手順で動いているからです。

 

不動産テック

ここで、1万円でも投資できる(=投資金額の大きさは関係ない)こと、システムが全く同じ手順で動いていること、について例を挙げてみましょう。
例えば100万円の募集について考えてみる場合、「100万円×1人」と「90万円×1人+5万円×2人」と「1万円×100人」は全て結果的に同じ金額が集まります。通信手段が発達していない頃は投資家を探すのも、契約書面を交わすのも、全ての過程において、関与する人数が多くなればなるほど大変、という問題がありました。自然と、「多額の資金を投資してくれる投資家を優遇する。」という風潮があったのかもしれません。
ところがIT技術の急速な発展に伴い、インターネット上でできることが飛躍的に増え、その投資に興味のある個人から投資を募ることも、契約書面をウェブ上で完結させることも容易になりました。運営サイドで一度プラットフォームを整えてシステムを構築すれば、デジタルで処理されるため、投資金額の大小も関係なくなり、1万円からでも気軽に投資できるという道が開けたのです。

 

テクノロジーが民主化をもたらす

このように、FinTech不動産テックと呼ばれる領域は、単に膨大なデータを取り扱うということにとどまらず、工夫次第で今まででは考えられなかったようなサービスを提供するきっかけをもたらしました。テクノロジーを適切に利用することによって従来の商慣習を変えることができるようになり、不動産投資という大金が動く投資においても少額投資家も肩身の狭い思いをせずに参加できる時代がやってきたのです。言い換えれば、テクノロジーの進化が様々なものの民主化をもたらした、ともいえるのではないでしょうか。

OwnersBookでは、1万円から不動産投資にご参加いただける機会を提供しています。私たちは、新しいスタイルの投資にご関心をお寄せくださった皆様のご期待に応えていけるよう、そして今後さらに投資家のすそ野が広がるよう、努力を続けて参ります。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.