OwnersBook1年生(25)

ポートフォリオ ~投資の初心者 OwnersBook1年生(25)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポートフォリオという言葉が、投資や資産運用について調べているとよく出てくるかと思います。普段はあまり使用しない耳慣れない言葉なので、少し調べてみました。

ポートフォリオ(portfolio)は「紙ばさみ」という意味の英語からきており「持ち運びが出来るよう書類を入れるもの」をさします。

ポートフォリオ
一般には「紙ばさみ」「個人の作品集」など、金融では「資産構成」「有価証券明細表」などをいい、「画家・写真家・デザイナーなどが自分の作品を整理してまとめたもの」「モデルなどが売り込み用の自分の写真を入れるもの」もポートフォリオというそうです。

金融の分野では、もともと株式用語の「有価証券一覧表」をさしますが、「資産一覧表」「顧客リスト」などの意味でも用いられています。

 

◯ 投資分野でのポートフォリオ

つまりポートフォリオとは、運用資産の構成状況や保有する各種有価証券類のこと。

どうやら海外では有価証券を紙ばさみに入れて保管・携帯することが多かったため、資産の保有状況を意味する言葉として使われるようになってきたようです。

合理的な投資家は様々な資産でポートフォリオを組むことでリスクとリターンの最適化を図るそうです。どのような金融商品を選択し、どのような組み合わせ、どのような割合で投資するかという、投資の計画書のようなものですね。

預貯金や外貨預金、国内債券、海外債券、国内の株、海外の株、不動産などを組み合わせた分散投資にするか、国内のみであれば、どのジャンルとどのジャンルの投資を組み合わせるか、といったように、ポートフォリオはどこまでも枝分かれさせることができる投資の計画書といえそうです。

資産配分の目途については様々な考え方があり、モデルがあるわけではないので、ポートフォリオを組むということは、どの程度のリスク許容が出来るのかなどを考慮して各自の判断により構築されていくものだと思います。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.