クラウドファンディングの種類

クラウドファンディング(Crowdfunding)の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しい出資・投資の形として注目されている画期的なビジネスモデルであるクラウドファンディング。

群衆(crowd)と資金調達(funding)の二つの言葉を合わせた造語で、主にインターネットを通じて不特定多数の一般個人(最近は法人も現れるようになって来ています。)から資金を集める手段を指します。日本ではまだまだ市場規模は大きくないようですが、着実に成長を重ねてきており、出資・投資の対価(見返り)によって大きく「寄付型(募金型)」「購入型」「金融型(投資型)」の三つに分類されるようになってきました。なお、金融型(投資型)クラウドファンディングをさらに「融資型(貸付型)」「株式型(エクイティ型)」の二つに分けて、四つに分類される場合もあります。

 

▶ 寄付型(募金型)クラウドファンディング

主に慈善目的、社会的意義の大きいものに多くみられ、寄付として提供し、見返りは発生せず、求められていないのが特徴です(募ったお金の使用状況の報告書を提出するようなケースはあるそうです)。一般的に人は、寄付をしたいという思いを持っているものの、自分の寄付したお金がどのように使われているのかについて、透明性が確保されているものにより多く寄付したいという思いが働くようで、従来の募集活動よりも、小さい案件であっても、より広範囲から寄付を募れる状況がインターネットの普及によってもたらされているといえます。

 

▶ 購入型クラウドファンディング

金銭以外の対価(見返り)として、商品やサービスそのもの、イベントへの招待券などが届くのが特徴です。

アーティストへの支援、科学研究やソフトウェアの開発、映画製作など様々な分野での資金調達に活用されています。特に、新製品のプレマーケティングとしても注目を集めるようになってきています。つまり、「情報感度の高いクラウドファンディングユーザの心に響くのであれば、より大きいロットで製造を行っても、売上が見込める」といった、思惑を持って、購入型クラウドファンディングで資金を募る開発者も現れてきているようです。

 

▶ 金融型(投資型)クラウドファンディング

金銭的(配当や利益の一部など)な対価(見返り)を前提としているのが特徴で、さらに二つに分類されることもあります。

  • 融資型(貸付型)クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)

    別名ソーシャルレンディングとも呼ばれ、集めた資金を資金ニーズのある個人や企業に融資します。通常少額でも出資が可能なので、今まで敷居の高かった不動産投資や海外投資にも参加が容易になりつつあります。
    金銭的な対価(見返り)として元本と利子を受け取るのが特徴です。

  • 株式型(エクイティ型)クラウドファンディング

    誰もがベンチャー企業などの未公開企業に対して株式購入という形態で投資が出来るので、注目が集まっています。日本においては法制度の確立、どのような企業がクラウドファンディングにより上場するのかなどについて、関係者が様子を見ているといったこともあり、普及はこれからといったところです。
    金銭的な対価(見返り)として株式が発行されるのが特徴です。

 

このように受け取る対価(見返り)によって分類されるところまで、クラウドファンディングは成長してきており、それぞれのフィールドで事業者が登場しています。

何か自分に向いたクラウドファンディング、すなわち応援したい案件や投資をしたい案件を探してみたりすることで、よりクラウドファンディングが身近なものになっていくといいかも知れませんね。

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.