外貨投資(2) ~投資の初心者 OwnersBook1年生(10)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

◯ FXとは?

今回は、近年、個人投資家を中心に外貨取引の中でもっともメジャーな存在になりつつあるといわれている「FX」(Foreign Exchange(外国為替証拠金取引)の略称)について、何だか難しそうですが、特徴だけでも押さえておこうと思います。

簡単に言うと、異なる2つの通貨を売買しながら利益をあげていく投資スタイルです。

 

▶ 24時間、少額からはじめられる投資

お金(通貨)は世界中で取引され、常にどこかの国の市場が開いているため24時間取引ができますので、例えば主婦が空いた時間を利用してへそくりを作ることもでき近年FXは注目されています。

また外貨預金は1万ドルを預ける(1ドル=100円の場合)には100万円が必要ですが、レバレッジをかけることでFXは4万円もあれば1万ドル(100万円相当)の取引が可能です。また、売買手数料についても外貨預金よりも安いのが特徴で、無料の証券会社もあります(売買手数料が無料でも通常売値と買値の差額であるスプレッド(つまり交換手数料のようなもの)を支払う必要がありますのでご注意ください)。

証券会社などのFX取引業者に証拠金(保証金)を預け、預けた証拠金の額に応じて一定額の売買が可能です。小さいお金で大きなお金を動かせる、これをレバレッジ(「てこ」のこと)といいます。

少ない資金でその何倍ものお金を取引き出来るのはとても魅力的に思えますが、レバレッジがかかっていることで、何倍もの利益が望めるかわりに、巨額のマイナスを出してしまうこともあるということを肝に銘じておかなければなりません。

レバレッジ図解

 

▶ どのようにしたら利益が出るの?

FXにおける利益としては、主に次の2種類をあげられると思います。

為替差益(例えば円高の時にドルを買い、円安の時にドルを売って、利益を得る)
スワップ金利(2つの異なる通貨の金利差から生じる利息相当額)

スワップ金利図解

金利が変動して高金利だったはずの通貨の金利が低くなってしまうと、スワップ金利がマイナス(逆に金利を支払う必要があります)に転じてしまうことがありますのでご注意ください。

 

取引の対象が通貨ですので、その通貨がなくなってしまうという可能性は小さいですが、為替や金利の動きは「世界経済」「政治情勢」「世界的なイベント」などに連動して常に変化しておりFX投資のリスクは低いとはいえませんので、それらの動きに対して常に敏感にアンテナを張り巡らせておかなければなりません。

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.