OwnersBook1年生(29)

東向き、西向き、北向きのそれぞれのメリット・デメリット ~投資の初心者 OwnersBook1年生(29)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回に引き続き、住宅選びの時に重視される主な開口部、リビングもしくはバルコニーがどの方角に向いているのかについて、今回は東向き、西向き、北向きそれぞれのメリット・デメリットをあげてみたいと思います。

当たり前のことですが、太陽は東から昇り、西に沈みます。しかし冬と夏で太陽の高度が違うため、真冬(冬至)は東南東から昇り西北西に沈み、真夏(夏至)は東北東から昇るので北向きの部屋にも朝日がさしこむことがあります。

太陽の高度

 

「東向き」

東から昇る太陽の光で目が覚め、午前中に日当たりが良く、朝の明るい光、朝日が当たるということから南向きに次いでイメージが良いようですが、お昼前ぐらいから暗くなってしまい、洗濯物も乾きにくいといわれています。

「西向き」

夕方の日当たりがよく、午後の日差しが強く、特に冬場は夜まで暖かさが残ります。しかし夏の西日は西側の窓を直撃して暑さが残るため嫌われる傾向にあります。

「北向き」

年間を通して日照が期待できないものの、壁や本などが日焼けしにくく、直射日光が差し込まない分、昨今の日本の夏の異常な暑さを考えると、夏場を涼しくすごせるという意外なメリットがあるといえそうです。しかし冬の寒さや結露がおきやすいなど、やはり敬遠されがちです。またデメリットから価格設定が低くなっていることを逆にメリットと捉えることも出来そうです。

最近人気の都心の超高層マンション(タワーマンション)は日当たりよりも眺望重視の価格設定になっているようです。

どの方角がいいのか?いずれの方角にも一長一短があるといえそうです。ライフスタイルが多様化しているなか「南向きが一番」とは一概にいえないのではないかと感じました。

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.