投資信託とは? ~投資の初心者 OwnersBook1年生(4)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

◯ 投資信託とは?

投資はしてみたいけど、山のようにへそくりがあるわけもなく、また何に投資するのが良いのか、それにうまく投資が出来るものなのか。手始めに投資先としてNISAで取引できる「投資信託」について考えてみました。

▶ 「投資信託」は種類が豊富!

基本的な投資対象は株、債券、不動産などの組み合わせで、さらに国内だけのもの、海外でも先進国や新興国(ブラジルやインドなど)などと細かくあり、それぞれの組み合わせでパッケージされた「投資信託」。

何だかお菓子の詰め合わせような、あれも食べてみたいこれも食べてみたいという欲張りな方にはピッタリかもしれません。沢山の中から好みのパッケージを選択できるという楽しみもありますね。
投資信託イメージ

▶ 投資のプロがあなたをお手伝い!

いろいろな商品が組み合わされていることでリスクが分散されていたり、投資のプロである専門家が運用してくれているので、初心者にとって安心といえば安心です。
でも、当然ですがプロがいる分コストもかかります。購入時・保有中・解約時に手数料が発生します。ただ、なかには購入時に手数料がかからないものなどもあるので、コストに関しては良く調べた方が良さそうです。

 

▶ 海外へ投資するなら!

少し前に騒がれていた中国株、ベトナム株。結局、知らない会社ばかりで、海外証券の口座開設?税金?など正直よくわかりません。こんな時は、投資信託でプロに任せるのも1つです。でも、海外の商品は為替(円安・円高)の動きによって利益が左右されるものもあるので気をつけないといけません。

 

▶ 少額からの投資が可能!

何よりまとまったお金がなくても積立貯金の感覚ではじめられるのが魅力です。月々1,000円からOKという金融機関もあり、1回分のランチと思えば、気軽に始めることが出来そうです。
「投資信託」は、投資初心者には利用しやすいちょっと安心な投資という印象を受けました。NISA口座で始めればさらにいいかも知れません。

 

▶ 最後に!

「何を買えばよいのか検討もつかない!」という方には今売れている投資信託をチェックするという方法もあり、ほかの投資家と同じものに投資することで、とりあえずスタートを切ることが出来ると思います。ただ、情報収集は怠らず、より良い投資信託を探していくことが大切そうです。
証券会社、ちょっと敷居が高いかな?と思っている人には自分のメインバンクに足を運んでみるもよし、時間がある時にインターネットで手数料などを調べるという方法もありますね。

 

次回はNISAで取引が出来る「株式」について調べてみようと思います。

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.