J-REITとは? ~J-REIT(「ジェイ・リート」)について (1)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資を検討するに当たって、必ずといっていいほど、検討対象となるJ-REIT(ジェイ・リート)ですが、今回はそんなJ-REITの基本的な内容を説明します。

J-REITとは?

J-REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する不動産投資商品です。不動産投資が目的ですが、法律上、投資信託に分類されます。

もともとは、REITという仕組みはアメリカで生まれ、「Real Estate Investment Trust(日本語に約すと『不動産投資信託』。そのままですね。)」の略でREIT(「リート」)と呼ばれています。これにならい、日本では頭にJAPANの「J」をつけて「J-REIT」と呼んでいます。(なお、2014年10月現在、オープンエンド型のREITも国内に登場していますが、ここでは証券取引所に上場されているクローズドエンド型REITについて述べていきます。)

J-REITは投資証券を投資家に販売し、集まった資金を元にして、不動産を購入しますが、金融機関(銀行、保険会社等)から借り入れを行うことや、投資法人債を発行する場合もあります。投資法人債は、一般企業での社債にあたります。購入した不動産の賃貸収入や売却益から経費を引いたものが、投資家に分配されます。

J-REITは途中解約ができない金融商品ですが、証券取引所に投資証券が上場されており、売買取引を行なうことで、流動性がある(よほどのことがない限り、売りたいときに売れ、買いたいときに買える。)商品となっています。J-REITの価格は、通常の上場株式と同様に、取引の需要と供給によって変動しています。

分配金は年1~2回の決算の際に支払われ、配当可能な利益のうち90%以上を分配するなどの要件を満たせば法人税がかからないため、多くの場合内部留保はなく、経費を除いた利益が分配されます。

 

J-REITに投資をするには

J-REITの投資口の売買は、証券会社等を通じて、一般の上場企業の株式と同様の形で行うことが可能です。

少額からでもクラウドファンディングで不動産投資

OwnersBookは少額資金ではじめられる資産運用のプラットフォームです。一口一万円から大口の投資家まで、不動産のプロが厳選する案件に投資できます。
少額からの不動産投資クラウドファンディング「OwnersBook」

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローン

クラウドファンディングを活用した新しい事業者向け不動産担保ローンをご提供しています。年利5.0%中心・融資額最大5億円、元本一括返済が可能、連帯保証は不要、資金使途自由、などが特徴です。まずはお気軽にお問い合わせください。
事業者向け不動産担保ローン

コメントはこちらから

CAPTCHAの入力が必要です。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.